在宅勤務

在宅勤務のメリットとデメリットをまとめました【通勤時間・注意点】

今はやりの在宅勤務のメリットとデメリットをまとめました!

在宅勤務のメリット・通勤時間がいらない・満員電車のストレスからの解放

在宅勤務の大きなメリットは、通勤時間がいらないことです。

毎日往復2時間かけて電車で通勤している人などは、在宅勤務になれば2時間自由な時間が増えます!

寝る前に5分~10分程度のストレッチがおすすめ【自宅待機中の過ごし方】はコチラ

家で仕事するメリット・人間関係のストレスが減る

家で仕事をすれば、嫌な上司から小言を言われることや、気の合わない同僚との世間話をしなくてすみます。

しかし、仕事によってはメールや電話で指示がきたり、注意されてしまうこともあるかもしれません。

在宅勤務のデメリット・さぼりやすい・気分転換が難しい・リスク

在宅勤務のデメリットとして、仕事とプライベートのオンオフをつけるのが難しいというのがあります。

パソコンで仕事をしているつもりが、いつの間にかネットサーフィンをしてさぼってしまったりして業務が捗らないこともあります。

気分が乗らないからと、だらけてしまうリスクも大きいです。

在宅勤務や自宅学習では規則正しい生活を心がけよう【自宅待機・コロナウイルス】はコチラ

在宅勤務のデメリット・孤独との戦いのストレス

職場で仕事をしていれば、何かトラブルがあっても周りの人と話したりして気分転換もできますが家で一人で仕事をしていると問題を一人で抱えることになります。

チャットなどで仕事仲間に気軽に相談できる環境があるといいですね。

自宅で過ごすときはエコノミークラス症候群に注意が必要です【デスクワーク】はコチラ

在宅勤務には向いている人と向いていない人がいる

在宅勤務には、向いている人と向いていない人で大きく分かれると思います。

基本的に、1人で自分のペースで黙々と作業をするのが好きな人は在宅勤務に向いていると思います。

逆に、みんなでワイワイ仕事をしたい社交的な人にとっては在宅勤務は地獄かもしれません。

自宅待機中に掃除をしていらないものを捨てよう【断捨離・楽しい家の過ごし方】はコチラ

在宅勤務のメリットとデメリットまとめ

メリット

・通勤時間が削れるので、自由な時間が増える

・人間関係のストレスが減る

・自分のペースで作業ができる

デメリット

・プライベートと仕事の切り替えが難しい

・ついついサボってしまいがちになる

・困ったときに周りの人に相談しづらかったり、孤独との戦いもある

メリットとデメリットを考慮しながら、在宅勤務ライフを満喫していきましょう!