自宅の過ごし方

家での過ごし方『親や友達に電話してみよう』【休日の過ごし方・社会人】

親や家族と離れて住んでいる人は、ときどき電話で連絡を取ってみましょう!

新型コロナウイルス感染拡大でなかなか会いに行けない今こそ、親や友達に連絡を取ってみよう

コロナ問題でなかなか会いに行けない今こそ、疎遠になっている友達や親と連絡を取ってみましょう。

友達との電話は気軽にできると思いますが、問題は親や家族ですね。

久々の連絡で、何を話していいか不安な人もいると思います。

 

寝る前に5分~10分程度のストレッチがおすすめ【自宅待機中の過ごし方】はコチラ

親と何を話していいか分からなくて気まずい方は・電話の時間は数分でOK【緊張】

あまり連絡を取っていない親に電話するのは緊張してしまう方もいるかもしれません。

電話をするということが大事なので、話す内容の中身はなくても大丈夫です

「コロナだけど最近買い物どうしてる」

など日常の過ごし方の近況を話すだけでも、お互い安心できるはずです。

電話の時間も長くなくて、数分で大丈夫です!

 

在宅勤務や自宅学習では規則正しい生活を心がけよう【自宅待機・コロナウイルス】はコチラ

親に電話する頻度はどれぐらいがいいか。少なくても月に1回は連絡を取るのがおすすめ【一人暮らしの実家への連絡頻度・社会人・学生】

親に電話をする頻度がどれぐらいかは、家族の距離の取り方などによっても変わってくるので一概には言えません。

あまり多すぎても、お互い億劫になってしまうかもれませんね。

しかし、子供が社会人になっても、心配して連絡を取りたい親は多いと思います。

少なくても、月に1回は電話やLINEで連絡を取ってみるのをおすすめします!

連絡がくれば、きっと親もうれしいと思いますよ!

自宅で過ごすときはエコノミークラス症候群に注意が必要です【デスクワーク】はコチラ