自宅の過ごし方

プレゼントをするときの注意点・失敗例を紹介します!【もらって嬉しい・男性・女性】

プレゼントをするときの注意点や失敗例を紹介します!

プレゼントは何でもいいからすれば喜ばれるわけではない・失敗例

とにかく何でもプレゼントをすればいいと思っている人がいますが、それは間違いです。

たとえば、ホラー映画が大好きな人がいるとします。

自分が好きなホラー映画のブルーレイを、友達にプレゼントします。

「絶対面白いから見てよ!」

もらった友人がホラーが苦手だとしたら、

「感想とか言わないといけなしい、面倒だなあ」

と迷惑に思っているかもしれません。

 

プレゼントは相手が欲しいものをあげるのが基本【喜ばれる場合と喜ばれない場合】

喜ばれるプレゼントは、自分が好きなものを相手にあげることではありません。

相手が欲しいものをあげてこそ、喜ばれます。

プレゼントは常に「相手が主役」で考えることが大切です。

よって、相手が好きなものを調べておくのが重要です。

チョコレートが好きな人にはチョコレートを、お肉が好きな人にはをお肉をあげればいいわけです。

 

父の日のプレゼントは『クアトロえびチーズ』がおすすめ【人気ギフト・口コミ評判】

プレゼントをもらってうれしかった例【自分に関係性のあるもの】

以前友人からもらって嬉しかったプレゼントで

扇子

をもらったことがあったんですね。

僕が将棋が趣味ということを知っていてくれたわけです。

将棋が好きな人って、扇子を使うのに憧れてるんですけど意外と自分では買わない人も多いんですよ。

扇子がなくても将棋は指せますから。

でも、もらったら嬉しいんですよ。

そういう文脈があったうえでの、「扇子」のプレゼントはうれしかったですねえ。

扇子だけに良いセンスでした、と思わなかったと言えば嘘になってしまいます。

 

自宅用の花の買い方で悩んでいる人には花の定期便がおすすめ【ブルーミーライフ】

相手が何か好きか分からないときのプレゼントはどうすればいいか

仕事の取引先の人にプレゼントをすることになったとします。

まだ関係がそんなにないので、相手が好きなものが分からない。

いきなり「ホラー映画のブルーレイ」をプレゼントしてはいけません。

そんなときのプレゼントは、「無難なもの」に限ります。

つまり、誰からも喜ばれるであろうものです。

たとえば、「花」とか「アイスクリーム」とかですね!

だから母の日や父の日で、親に何をプレゼントしていいか分からないときも、迷ったら花をプレゼントしておけばまず間違いありません。

プレゼントの注意点失敗例まとめ

・自分が好きなものを相手に押し付けるプレゼントは迷惑になってしまうことがある

・プレゼントは相手が欲しいものをあげるのが基本

・相手が欲しいものが分からないときは、誰からも喜ばれるであろう無難なものを贈る