ガジェット

『マツコの知らない世界』カスタムキーボード&埼玉うどんの世界の感想・おすすめ

『マツコの知らない世界』(2020年7月21日放送)はカスタムキーボードの世界と埼玉うどんの世界でした!

『マツコの知らない世界』キーボードの世界・理系男子コンビ・ぺかそさん・びあっこさん・おすすめカスタムキーボード・ひそかなブーム・放送内容・打ち心地・舞キーボードの選び型

キーボードニュースをYouTubeで配信している「ぺかそさん」&「びあっこさん」。

二人はキーボードの配置に納得いかずに、自作キーボードを作ったそうです。

左右離れたキーボードなど、おすすめのカスタムキーボードを作っています。

 

「今使っているキーボードは、実は日本人には合ってない」

という説もあるそうです

今のキーボードの配置だと、左手よりも右手を多く使うようになっていてバランスが悪い。

キーボードを変えるだけで「疲れない!気持ちいい!はかどる!」そうです。

キーボードを自作する人が、ここ2,3年で急増中です!

 

キーボード選びのポイントは打鍵感(だけんかん)=打ち心地

打ち心地はキーボードによって違ってきます。

Logicool G ゲーミングキーボード 有線 G512 GXスイッチ クリッキー・LIGHTSYNC RGB G512-CK ・一般的なキーボードと高級キーボードの違い

Logicool G ゲーミングキーボード 有線 G512』は、打ち心地が良く疲れにくくなっていてさらにキーボードが1680万色に光ります!

番組でもマツコさんも打ち心地が良いと褒めてましたね!

「値段が高いのもあるだろうし、私が今まで使っていたキーボードでこの感じはない!」

 

一般的なキーボードはテレビのリモコンに近いゴムのような打鍵感になります。

そして、一番底まで押さないと反応しないので強く押す必要があります。

長いこと打っていると自然と力が入ってきて疲れてしまいます。

対して、高級なキーボードはスイッチの構造が違っていて「底打ち」が必要なくなって1m~2m押すだけで反応してくれるので疲れにくくなります!

『ダイヤテック・FILCO Majestouch Convertible2』『PHU HHKB』『東プレ REALFORCE R2』リアルフォース・マツコ・デラックス

created by Rinker
HHKB
¥58,283
(2021/06/23 14:33:15時点 Amazon調べ-詳細)

コチラのキーボードもおすすめされていました!

『マツコの知らない世界』埼玉うどんの世界・うどん大国埼玉県・こし・のどごし・埼玉うどんの魅力をプレゼン

埼玉県はうどん生産量が香川県に次ぐ2位らしいですね!

埼玉県は香川県を抜いてうどん大国になれるのか!?

埼玉県の西部では、冠婚葬祭で自宅でうどんを打つという文化が昔はあったそうです。

お盆にうどんを打ってお供えする文化も、埼玉の一部地域(小川町など)であるそうです。

「これ流行るぞ!」

とマツコ・デラックスさんも埼玉うどんを絶賛してましたね!

 

『マツコの知らない世界』(2020年7月21日放送)の感想

ノートパソコンについているキーボードをずっと使っていますが、どうしても姿勢が前かがみになってしまいます。

なので、外付けのキーボードを購入して自分なりにカスタムするのも楽しいかもしれないですね!